コピー (3) ~ IMG_8169

2017-10

ティンクの異変から”組織球肉腫の疑い”と診断されるまで - 2016.10.18 Tue

ティンクが倒れ1か月が経った。

組織球肉腫の疑いと診断され19日で1か月になる。


   覚書


9月13日(火)

前日までは、まったく普段と変わりなく過ごしていたのに、この日は「おや?」と思うことがあった。

* 朝ごはんを食べるのが、いつもより時間がかかり遅かった。
   ティンが、食べないとか食べるのに時間がかかるのは・・・ありえない!
* 日中の動きが少ない
* お散歩で歩くのが遅く、リードが重たく感じるくらいだった。(約2㎞歩く)
   普段は、ティンのリードを持っている感覚がないくらい軽い。

  これで晩御飯も食べるのが遅かったり食べなかったりしたら絶対おかしいので、いつもより早目の夕食にする。
  しかし、心配をよそに、普段通りの食べっぷりだったので、大丈夫そうかなぁ~と、人間様の夕食の支度をする。

* キャベツを切ってる音を聞いて、キッチンに走ってくる途中、直角の曲道で横転する。
   曲がり切れずに転げたと思った私。しかしティンクの手足は真っすぐに伸びたまま。
   意識はあり、手足のみ硬直している。
   手足を摩ってあげると力が抜けて曲げたが、自力で起き上がることができなかった。

 大急ぎで病院へ・・・・・
  
  1日の様子や、転倒時の様子を伝えるが、病院では変わった様子も無く。。。
  とりあえず血液検査をするが、まったく問題なし。甲状腺の異常も出てこない。
  転倒時の話から、「もしかしたら脳かも・・・」と言われる。

  帰宅後は、転倒も無く変化なし。


9月14日(水) 

朝ごはんは、いつも通りの食べっぷりで安心する。

* 日中は、水分補給や排泄など必要最低限の動きしかなく、ほとんど横になっている。
* 吠えることがなくなった
* 夕方のお散歩は行ったけど、あまり歩きたがらないが1㎞ぐらい歩く。
* 夜、立ち上がった後、ふらつきながらお尻から座るような感じで伏せる


9月15日(木) 

* 日中の動きは少ないものの、前日よりは室内を歩いて動いている。
* 前日のお散歩の様子を考慮し、カートで公園まで連れて行き下す。
   排泄後、ふらつきが激しく、短時間で頻繁に転倒する。(このふらつきは、後に”めまい”だと判明)

  あまりにも転倒するので「もしかしたらまた倒れるかも」と思い携帯で動画を撮ることができた。

  再び病院へ行き(私のみ)、動画を見せる。
  「脳やね」とキッパリ言われた。



9月15日(金)

食欲は普通。

転倒はなく比較的落ち着いた様子で、庭に出すと小走りもする。
ただ転倒しそうなのが自分で分かるようになったのか、少しフラっとしたら伏せの態勢になっているようにも感じる。



  
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

脳に異常があると言われ、詳しくはMRI検査を受けないとわからない。

全身麻酔での検査。。。脳に異常があるうえ更に全身麻酔。。。もっとダメージを受けたらどうしよ・・と不安になる。

あまりにも悪くなるスピードが速く、何が起こってるのか訳分からず・・・

困った時に相談にのってくださる方がいる。いつも的確なアドバイスをしてくれる。
動画を見てもらい、相談する。
病院の先生にも動画を見て頂けたようで、「脳か心臓も疑われる」とのことだった。

「どうしよ・・どうしよ・・・」と不安が募る中、とりあえずセカンドオピニオンに行くことにした。



9月17日(土)

セカンドオピニオンに行く。


9/13~の異変を書いたものを持参、先生が目を通してる時に14.15日の動画を合わせて見せる。
「脳」か「心臓」に絞って考えましょうとのこと。

血液検査は、やはり異常なし。

ホルター心電図検査をすれば、発作が起こった時の状態がわかるけど、犬には難しい検査になる。

仮に心臓が悪ければ、全身麻酔をしてMRI検査は無理なので、簡単な心電図をとらせてほしいと言われる。
結果・・・発作が起こった時の状態は分からないけど、心電図は全く問題なし。

・・・・・・・ということで、「脳」の疑いがより濃くなる。


この時点で、私が不安に思っていた「脳に疑いがあって全身麻酔でさらにダメージが・・・」は、完全に消滅していて・・・

どこに原因があるのか知りたい思いに変わっていた。

日帰りで検査できる最短の19日にMRI検査を受けることになった。



9月19日(月)


MRI検査(9月20日の記事) を受ける。


そんな最悪な腫瘍だとは想像もしてなくて・・・・・

病院を出るまでは、なんとか気を保っていたけど・・・
ティンをケンネルキャブに入れて、運転席に座ったとたん涙が溢れてきた。

休日の夕方、しかも雨。高速道路・混雑・・・もう・・前を見るのが精一杯の運転。
よく無事に帰宅できたものだと今になって思う。


もう・・・どうしたら良いのか・・・
過酷な余命宣言・・・
現実を受け止めるだけで、いっぱいいっぱい・・・

なかなか這い上がれないまま・・・ブログをしていると何時かは分かることと思い、綴る・・・

文字に書くことで、自分自身にも言い聞かせてる部分があった。

ブログにUPしたことで、たくさんの方から色々な話を聞かせてもらえたり、教えてもらえたり、励ましてもらったり、喝を入れてくださったり・・・・

多くの支えを頂いて、自分なりに少しは強くなれたような気がする・・・
病気と向き合って前向きにかんがえられるようになった・・・

愛犬を亡くした方からよく聞く言葉。。。「どっちみち後悔する」
この言葉の本当の重みが、ようやく分かった。

先生には、刺激になることは止めてとか・・・
お散歩もなるべく止めて家で穏やかにとか・・・禁止令がたくさん出ている。
最初は、私もビビッて行動することが怖く、先生の言いつけを守っていたけど・・・
「これで、ティンクは幸せなんかなぁ?」「そんなはずはない」「犬生終えるのを、ただ待ってるだけやん!」
という思いが強くなってきた。

どっちみち後悔する。。。
ならば、後悔が軽いほうが良い。
ティンが望むことはしよう!
私もしたいことは、しよう!!
たとえ、お散歩途中で何かが起こっても、それは自分がしたいと思ってしたこと。納得は出来るだろう。

限られた時間かもしれない。
1か月かもしれない・・・
2か月かもしれない・・・
もしかしたら半年かもしれない・・・
1年で12歳のお誕生日が迎えられるかもしれない・・・
薬・サプリ・・・
なにより・・たくさんの元気玉だったり、カメハメ波~だったり、直接頑張れを注入してもらって、ティンクは元気です!

ティンクと少しでも長い時間一緒に過ごせますよに。。。


20161017131710b1f.jpeg



いつも応援ありがとうございます! にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村







● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

大好きな公園 ~舞子公園~ «  | BLOG TOP |  » 大好きな公園 ~健康公園~

プロフィール

カノティンママ

Author:カノティンママ
カノン・・・
2004年7月17日生まれ
テニ球が大好きな 天然入りのお転婆娘

ティンク・・・
2005年8月12日生まれ
ママ譲りの”お姫様”。多少のことには動じない女の子。だけど、とってもビビリさん!

2016年12月15日
11歳4か月で虹の橋へ
脳腫瘍のため3か月闘病。


ゼファー
2009年7月25日生まれ
元気はつらつ腕白坊や。
どうしょうもない甘えん坊っちゃん!


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村



FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (29)
ティンク (63)
お友達 (96)
カノン (65)
カノティン (39)
お散歩 (76)
お出かけ (140)
ガーデニング (11)
レオ (28)
旅行 (49)
日常 (41)
ゼファー (118)
3コギ (139)
ティンとゼファー (32)
カノンとゼファー (23)
パパ (3)
グッズ (38)
家族 (49)
DIY (6)
萌 (26)
ティンクの病気 (34)
萌とティンク (1)

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する