コピー (3) ~ IMG_8169

2017-08

油断禁物 - 2011.12.09 Fri

・・・ 覚書 ・・・


11月22日(火)

18:30頃、次女(姉)から電話。
「おじいちゃんが就寝中(夜中2:30頃) 寝返りをうったとき足がつったと言い、
今朝もしびれたような状態が続いてる」と。

他に症状は無く、右膝から下の感覚が少し違うらしくすり足で歩いてると。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それって・・・・・・・・

この夏、次男と同じ野球部員の母が突然亡くなった。
1週間前には、試合の応援に来てて話もし、元気だったのに。。。
年齢は私と同じだった。あまりにも早すぎる・・と言葉を失った。
親しいかった友達には「しびれが続いてるねん・・」と話していたらしい。


看護師をしている友達の同僚が・・・
やはり、「しびれる」と言いつつ様子を見ていたようで、病院に運ばれた時には発症後。
”脳梗塞”だったそうだ。


今年は、こんな話を身近に聞いていて、友達も・・・
「脳は絶対すぐ病院!、MRI撮ったらすぐわかるから」と。
カノティン家の近隣では、大西脳神経外科が絶対良い、「うちの先生も、大西に送る」とも教えてもらってた。


・・・・・・・・・・・・・・

次女から話を聞いて、すぐ”脳”を疑った。
でも・・・症状が、良くも悪くもならず、他はいたって変わりなし。

次女は、「もう少し様子見てみる・・」と言う。




11月23日(水)

朝、実家に電話してみる。

変わった様子はないが、右膝下は相変わらずしびれてるような感覚だと言う。

次女は「明日、近くの総合病院に連れて行こうかな」と言う。
「いやいや・・それって、やっぱり脳梗塞とか脳出血とか疑わないとアカンわ!」
で、祝日だったけど、大西病院に電話して救急で診察してもらえるか問い合わせ・・・
了承を得たのち、「先生に症状を話し伺いをたててみる」との返事。
・・・すると・・・
翌日の診察で良いとのこと


まぁ・・・Drがそう言われるのなら・・・で、翌日行くことに。。。

看護師の友達に話したら、「えぇ~・・・絶対早く行った方が良いって!」。



11月24日(木)

実家に父を迎えに行き、母とともに病院へ

MRIってすごいね。
私も1年前撮った時も思ったけど。。。。

ばっちり写ってた。。。
Dr「う~ん・・・今日は帰られへんな。このまま入院やで!」
父、かなりショック 「先生、一回帰らせて~!薬でなんとかならんかなぁ~」
Drも「そんな薬あったらボクも欲しいで!」と笑いながら返してくれてたけど。。。
「なんで早くこーへんかったん?」と言われるから・・・
思わず・・「昨日電話して・・・」って言ってしまったわ
Dr「そうか・・」で無言。。。


やはり”脳梗塞”だった。
左脳にチョコンと白い影、その周辺も少しもやってる感じ。
幸いにも脳梗塞としては小さいらしい。
投薬は、時間が経ちすぎてるからムリ、点滴で後を小さくしたのち薬治療。
リハビリで多少の回復はあるかもしれないが、右足は後遺症として残ると。

家に帰りたい気持ちはわかるけど、そこは心を鬼にして・・・
「帰って、また発症して手術で長期入院するか、今入院して早く家に帰るかどっちかよ!」
半分脅迫・・・

・・・ってことで、そのまま入院。


”集中管理室”とやら部屋で、様子を見てもらうことに。


11月25日(金)

午前中、MRI撮影後点滴が取れた。
本人も「これが取れたらラクやわぁ」と嬉しそう。


11月27日(日)

チャリーも、お見舞いに行く。

普段は・・・「24時間ずっと一緒で嫌になるわぁ~」とぼやいていた母ではあるけれど、
父の入院と”脳梗塞”がショックだったようで、かなり

お見舞いの帰りに、カノティン家のセラピー犬に癒してもらう


P1070083.jpg


ゼファーは・・・やっぱり・・押し倒して襲ってる

P1070085.jpg


3天使に囲まれて、「癒されたわぁ~」と久々に笑顔

P1070089.jpg


脳梗塞としては小さかったこと、病院に行ったのもまぁまぁ早かったのですぐ治療・リハビリができたことなどが幸いして、右足も発症前と変わらないほどに回復。
リハビリも通わなくて
高血圧のため、食事療法は必要ではあるけれど、普段通りの生活に戻ることができた。


12月8日(木)

退院


12月9日(金)

退院祝い(?)に3天使サプライズ訪問

家の中で動くことがリハビリにもなると言われ、以前より動いてるらしい。
あまり食べなかった野菜も食べ、食事も改善しつつあるみたい
(好きなもの・食べたいものだけ食べてたからね。。。)

で、退院を誰よりも喜んだのは母のようで。。。
食事も喉を通らず、テレビもつける気になれず・・だったのが、
張りのある元気な声になって、「ご飯も美味しく食べられるようになった」らしい


寒くなり、急患が増えていると看護師さん。
お見舞いに行ってる1時間ほどの間に救急車が3台きたことも。
なかには若い女性も。。。
長男の高1の時の担任は、まだ30前ぐらいの若い女の先生だけど、
今年7月脳梗塞で倒れ入院、リハビリを経て11月ぐらいから時々学校に顔を出すようになったそうだ。
年齢に関係ないところが怖い。
いつもと違うしびれ・ろれつが回らない・吐き気・頭痛などには、要注意
私も・・・病院に行く時には重症ってタイプなので気をつけなくては。。。



 更新の励みにポチっとクリックお願いします! にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村







● COMMENT ●

NoTitle

お父様、無事退院されて良かったですね。
ご家族皆さん、さぞご心配だった事かと思います。

実は、私たちが東京から帰って来る事になった理由は
ダンナが「くも膜下出血」を起こしたからなのですよ。
それがなかったら、島では暮らしていなかったかなぁ。

こてなまファミリーにとっては
仕事で留守番が多かった東京での生活よりも
今の暮らしの方が良いのかもしれないですけどね。

これからも3天使ちゃん&レオくんに癒されながら
いつまでもお元気でいて欲しいですね。

NoTitle

v-255  こてなまさん
ありがとうございます。
幸いにも軽かったようなので、良かったです。
だんなさんが倒れられた時は、びっくりされたでしょう・・・。
今のだんなさん見てると、そんなことがあったなんて全然わからないけど、こてなま家が「今を大事に生きてる!」っていう事が、すごく伝わってきます。
ダラダラ生きてる我が家は、見習わないと・・と思いますが・・なかなかです(汗)
ワンコのいる生活は、生きるパワーももらってるような気がします♪

NoTitle

お父様、本当に早い対応が出来てよかったです。
自分でも、最近思うことなんですが・・・
これから、まだまだ親孝行をしないといけないですものね。
お父様、本当に良かったです。

私も、かなり重症になって病院に行くタイプなんです。
家族のためにも、元気でいなければいけないなと
考えさせられました。
お互い無理せず、頑張りましょうね。

NoTitle

v-255 みゆさん
父は「まさか娘に世話になるとは・・・」と母に話していたそうです。
そうですよね・・まだまだ親孝行しないとね!

あれまっ!・・みゆさんも重症になって行くタイプ!?
健康で元気に日々過ごせるって幸せなことですよね。
ホント無理せず・・それなりに頑張りましょう!


 

NoTitle

よかったです。
早い対応でその後が 全然違うので
きっとあのまま様子見てたら 一見 症状なく
普段のように過ごせても その後にもう手遅れになり 薬で血栓もとかせないわで
うちの母親のようになるところでしたょ
去年の今頃 同じく寒くなり 母親が脳梗塞になりました。私がもっと近くに居ればと後悔もしましたが
命はとりとめ 長いリハビリ期間を乗り越えてくれました。
身内で経験したことだけに 今回の記事は
なんだか 本当にホッとしました。
特に 昔の人ほど我慢しちゃうので 周りの判断が重要になってきたりするんですよね。
お父様だけでなく 体の不調には 注意ですね。
健康一番
しあわせな時間がもどってきましたね。
また3天使癒されましょ~♪

NoTitle

お父様、ご家族の対応が早くてよかったです。
脳梗塞って、年齢とか関係なく発症しちゃうんですよね・・・
そして、この記事を見て、あらためて健康であることに、感謝です!

お母様と同じことを言っているウチの母・・・
父が病気になるなんて、これっぽっちも思ってないだろうなぁ~v-356
帰ったら、これ見せてあげたいと思います。

3天使ちゃんの、セラピー犬としての出動回数も増えてくるのかな?!

NoTitle

v-255  Hanaさん
そうでしたね。。。お母様の闘病生活がブログに書かれてて、回復の兆しが出てこられたときには、ホッとしたのを覚えてます。
辛い時期のことを思い出させてしまいましたね・・ごめんなさいね。
ちょっとした症状でも、気をつけないとダメですよね。
本当に・・・健康であることは有難いことだと思います。

NoTitle

v-255  Mちゃん
脳梗塞やくも膜下出血は、要注意ですね。
時間との勝負でもあると思いますよ。
健康であることは幸せですよね。
あらっ・・・Mちゃんのお母様も同じこと・・ぷぷっ(笑)
そんなこと言ってる時が、良い時なのかもですよ♪

NoTitle

カノティンママさんもチャリーさんも、大変だったんですね。。。
脳梗塞ってそんなに若い方でもなるんですね。
早い決断が大事ですね。
お父様が無事に退院されて、ホントに良かったです!

NoTitle

v-255  雲丹母さん
そうそう・・若くても気を付けないとね。。。
”脳ドッグ”を受けてみると安心かもね。。
私は・・「スカスカになってたらどーしょー」が怖くて受ける勇気がないわ(汗)


管理者にだけ表示を許可する

やっぱり・・怪しかった応援団 «  | BLOG TOP |  » 早朝の3天使

プロフィール

カノティンママ

Author:カノティンママ
カノン・・・
2004年7月17日生まれ
テニ球が大好きな 天然入りのお転婆娘

ティンク・・・
2005年8月12日生まれ
ママ譲りの”お姫様”。多少のことには動じない女の子。だけど、とってもビビリさん!

2016年12月15日
11歳4か月で虹の橋へ
脳腫瘍のため3か月闘病。


ゼファー
2009年7月25日生まれ
元気はつらつ腕白坊や。
どうしょうもない甘えん坊っちゃん!


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ
にほんブログ村



FC2カウンター

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (29)
ティンク (62)
お友達 (95)
カノン (65)
カノティン (39)
お散歩 (74)
お出かけ (140)
ガーデニング (11)
レオ (28)
旅行 (45)
日常 (41)
ゼファー (117)
3コギ (138)
ティンとゼファー (32)
カノンとゼファー (21)
パパ (3)
グッズ (38)
家族 (49)
DIY (6)
萌 (25)
ティンクの病気 (34)

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する